• Home
  • 騙し絵の牙

騙し絵の牙 上映中

ストーリー / 解説

全員クセモノ!予測不能!崖っぷち出版社で生き残りをかけた逆転連発エンターテインメント!

大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版ふきょうに加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松が進める大改革で、お荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水は、無理難題を押し付けられ廃刊のピンチに立たされる…
速水は、新人編集者・高野と共に、イケメン作家、大御所作家、人気モデルを軽妙なトークで口説きながら、ライバル誌、同僚、会社上層部、など次々に現れるクセモノたちとスリリングな攻防を繰り広げていく。嘘、裏切り、リーク、告発―クセモノたちの陰謀が渦巻く中、速水の生き残りをかけた“大逆転”の秘策とは!?

ミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公にあてがきし、2018年本屋大賞にランクインするなど、話題・評判ともに世間の注目を集めた、前代未聞のベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫/KADOKAWA刊)。崖っぷち出版社を舞台に描かれた本作が、ついに実写映画化!
主人公の雑誌編集長・速水役には、もちろん本作の主人公としてあてがきされた、国民的人気俳優の大泉洋。飄飄とした性格と軽妙なトークで親しみを感じさせ、誰にでも愛される“人たらし”である一方、速水が隠し持つ“牙”とは―大泉本人の纏うイメージ通りの笑顔。その裏にとんでもない顔を持つ、今までに見たことのない新しいキャラクターに挑みます。

  • 監督
  • 吉田大八
  • キャスト
  • 大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、斎藤工、中村倫也、木村佳乃、小林聡美、佐藤浩市
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2020「騙し絵の牙」製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP